埼玉県秩父市・日高市を中心に、地域設計力NO.1の「MYワークス設計室」と、コストを抑えて良い家を安く創る「株式会社丸山工務店」が家創りの強い味方になります。

丸山工務店/MYワークス設計室

〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町42-29

0494-22-1792 【営業時間】10:00~16:00【定休日】木曜日
一級建築士による無料相談会で家創りの悩みや疑問をスッキリ解決
丸山工務店のブログ
新着記事
私たちは家創りを成功させる強い味方です!
成功する家づくりのコツや
夢を実現する前に失敗する所など
注文住宅の疑問と悩みに全てお答えします。
埼玉の社長TV
基本概算コスト一覧
  • 求人情報
  • 丸山工務店ブログ

Chamy社長のブログ【chamyニュース】9月27日のお話し・・・

2016.09.28

『秩父新斎場を見学させていただきました。』

建物の説明を普通にしても面白くないので・・・chamyの目線でコメントをします。
新斎場の設計会社A設計さんは、chamyが新入社員で赴任した五島列島の病院の設計会社でした。しかも、この会社のS部長さんは、大学の部活の先輩で、酔いつぶれたchamyを家まで送ってくださった方です。(感謝・感謝!)そして、秩父産木材利用推進会議のメンバを指せて頂いているchamyにとって、これだけ多くの秩父産木材を使用くださり、嬉しい限りです。しかも、建具に銘仙をあしらったデザインは、弊社モデルハウスで提案したものを継続してくださり、さらに感動です。エントランスの庇の木材形状も東大演習林の宿舎の形状とよくも似てさらに美しく、今後の秩父産木材のランドマークになる可能性も感じます。木材を美しく使いこなすA設計さんのスキルの高さに感動し、地元建設会社の施工スキルの高さに感激です。弊社も努力をしなければと思い、帰社しました。本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。


14520359_787546498014998_7683085380135332583_n.jpg
14448810_787547504681564_1164520756657396096_n.jpg

スタッフブログ"あなたのリフォーム"を大切します!リフォームHPを製作中です

2016.09.20
弊社のリフォームHPを修正中です。
どうぞ完成をお楽しみに...
完成前に少しだけ公開致します。
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.my-works.co.jp/company/
(詳しい知りたい方はリンクをクリックして下さい)
staff.gif

スタッフブログ【ニューユニフォームです(^^)】

2016.09.02
本日は、社員全員でお揃いのニューユニフォームをご紹介させて頂きます。

今回のユニフォームは、なんと秩父市のゆるキャラのポテくま君ポロシャツです!!

早速着させて頂きましたが、僕にはポロシャツが可愛い過ぎる気がします(+_+)


DSCN1164.JPG

スタッフブログHOUSE VISION 2

2016.08.22
こんにちは。

台風の影響で雨風が強く、大変な一日でしたね。


本日は、先日、お休みを利用して行ってきた東京の青海で開催中の

「HOUSE VISION 2」のお話しをします。

2.jpg

この催しでは、企業と建築家、クリエイターが協働して、

経済の停滞・人口の減少・少子高齢化・自然災害など様々な問題を抱える

日本の家のあり方を考えながら、その未来を具体化してみるという試みがされています。


展示の中で私が気になったのは、

建築家 坂 茂さん の 『凝縮と開放の家』 というお家です。

1.jpg

このお家の主な特徴をあげますと、

 まず1つには、風呂・トイレ・洗面・キッチンといった水まわりを

凝縮したユニット(組合せ)をつくり、水を上方で処理する給排水システムを

設けることで、建物の躯体から完全に独立させることが出来るそうです。

そのため、自分の好きな場所へと配置することが可能になるそうです。


 2つ目は、ハニカムボードと呼ばれる非常に堅牢な紙を合板ではさんだ「PHPパネル」を

建物の構造体にすることで、家型のフレームを組み、土台に取りつけ、あっという間に骨組みが完成します。

フレームが構造体となるため、柱や梁がなく、開放的な空間ができあがります。

 
 3つ目は、先程のPHPパネルの軽くて丈夫な特徴を生かし、ローコスト輸送を可能に。

また、短い工期で簡単に建てられるため、仮設住宅としても活用できるそうです。

東日本大震災時や難民キャンプの仮設住居を数多く生み出してきた、坂 茂さんのらしい設計です。

3.jpg  5.jpg  4.jpg


それから、このようなお城みたいなお家もありました。

こちらは、建築家 藤本 壮介さんの「賃貸空間タワー」です。

現在の賃貸住宅の数少ない共用空間である廊下を

個人のプライベート空間を最小化して、水まわりやシアタールーム、

庭などを広くし、廊下の代わりとします。

これによって、賃貸に暮らす人同士が、共用空間で交流する機会が増え、

単調だった廊下が心ときめく複合空間へと変わるというものだそうです。

台風の後なので、気になるところはあるかと思いますが、

一人暮らしをしていた時の経験を思い起こすと、確かに、誰かがいてくれる、

誰かと何かを共有できるという空間は魅力の一つではないかと思います。

6.jpg

この他にも、さまざまな企業や建築家の特徴・個性にあふれた建築を見る事ができ、

それらが、これからの日本のお家のスタンダードになっていくかもしれないと思うと、

とても興奮しました(^v^)


このイベントは、今月28日まで開催しているので、ご興味のある方は

是非足を運んでみてください!

夏の開催に合ったイベントにもなっていると思います!




スタッフブログ「レトロな屋根裏空間♪」

2016.08.10
築100年の古民家のリフォーム、シックでレトロなゲストルームの完成です。

2階の納戸の低い天井を取外し、小屋裏を現すことで広々とした、モダンな空間となりました。
ふすま紙もレトロな雰囲気で、仕上げています。

皆さんのお家の屋根裏空間も活用してみてはいかがでしょうか!!


DSC04444-thumb-240xauto-321.jpg
IMG_0014-thumb-240xauto-322.jpg